プレゼントキャンペーン実施中

Products

Woodlore Movie

Woodlore(ウッドロア)紹介ムービー

レッドシダーの歴史

レッドシダーの歴史は紀元前3世紀から

レッドシダーが歴史に登場するのは古く、紀元前3世紀インダス文明(現在のパキスタン)の時期、王の住居や神聖な寺院の建築に使われはじめていた。アメリカでは、インディアンの原住民がレッドシダーの聖的な力を信仰し、トーテムポールを彫刻した。18世紀に入ると、ヨーロッパでの、本格的な使用が始まる。 多くは旅行トランクや結婚の嫁入り家具に使われた。当時、衣服の繊維がより繊細になったため、頑丈な家具を必要としたからだ。

レッドシダーの起源

アロマティック・イースタン・レッドシダーが正式名称

レッドシダーの種は、ビャクシン属の常緑樹に属します。アメリカ中央南部の原生林の中のAromatic Eastern Red Cedarがウッドロアのレッドシダーです。同じような種がたくさんありますが、このAromatic Eastern Red Cedarだけが、ウッドロアの製品になります。

レッドシダーの構造

白と赤で別れるレッドシダーの年齢

レッドシダーは、中心の赤い部分と外側の白い部分が明確に別れています。白い部分を樹液パートと呼び、赤い部分を心臓パートと呼びます。 ウッドロアの製品はこの赤い部分を少なくとも75%含む、というルールがあります。それはレッドシダーのアロマ効果を最大限に享受するためです。一年後、アロマ効果が薄れてきたら、ミディアム目のサンドペーパーで磨いてください。アロマの効果が復活します。

レッドシダーの効用

シューズの寿命を延ばすレッドシダーの効果

レッドシダーには防虫・防菌効果のあるフィトンチット、ヒノキチオール、アルカロイドなどの成分が含まれています。 そして、木材の呼吸により湿気を吸収、湿度を調整。形状の維持に加え、最適な保存環境を作り出すことで靴の寿命を最大30%も延ばすことが可能です。特に高い香りと、防虫・防菌に優れた効果は靴以外にシルク等の天然素材を保管するのに適しており、同時にクロゼットや引き出しを内部からリフレッシュさせます。

勝手に販売促進部